電子書籍「ネット文庫星の砂」

「ネット文庫星の砂」、「スターダストノベルス」はAmazon Kindleの電子書籍レーベルです。小説投稿サイトのコンテストを経て受賞に至った作品を電子書籍化し出版しています。当ブログでは新刊情報、お知らせ、特集・イベントなどを更新していきます。

私は秘密を抱えている。本当はロボットではないという秘密を。「愛してもいいですか?」 - 橘智一

愛してもいいですか?- 橘智一

愛してもいいですか?

内容紹介

「二一三〇年、人類はついに理想の社会を手に入れました。一家に一台ロボットの時代はもう終わりです。ひとりに一台ロボットを! 真弓グループは、あなたの《快適な暮らし》を応援しています」
高層ビルの電光掲示板が、同じ映像を繰り返し流していた。
灰色がかった空と汚れた空気の中で、掲示板だけが不自然に煌々と輝いている。
掲示板に目をやる人間は、もはや誰もいない。見飽きたCMからか。自分たちが真弓グループで作られた「ロボット」だからか。
今では街中にロボットがあふれている。街ですれ違っても、誰が人間で、誰がロボットか、分からない。
彼らは怖いほど完全だ。
均整な顔立ち。バランスのとれた肢体。体にある「ほくろ」さえも、製造過程においてあえて作られた「個性」となる。
真弓グループが開発した「ロボット」は、限りなく人間に近く、能力は人間以上だった。
掃除は掃除ロボットが。会計は会計ロボットが。農業は農作業ロボットが。接客でさえ接客ロボットが誕生し、ごく一部の専門職、技術職以外、ロボットが行うようになり、社会は便利になったかのように見えた。
確かに人々の暮らしは向上した。
そして、人類の9割の人間が職を失った。
わたしもそのひとりだ。

 
第6回星の砂賞 審査員特別賞受賞作品

『愛してもいいですか?』

2130年。
人類は「夢の世界」を実現した。

生産物、農作物、工業製品、すべての生産を担うのは大規模な無人工場だ。

掃除は掃除ロボット。
会計は会計ロボット。

主な労働はロボットがまかない、社会は全人口の1割の労働でまかなえるようになった。

「理想」とも思える世界だったが──。

人々は仕事を失った。

仁菜もそのひとりだ。

大富豪の真弓家で働くことを決意し、面接にのぞむものの、面接当日、御曹司、真弓蓮の専属メイドロボットを壊してしまう。

ロボットを弁償するお金などあるはずない。

蓮は冷血漢といわれるほどの仕事の鬼だ。
壊したことを打ち明ける勇気も持てない。

仁菜は「ロボット」になりすまし、蓮の専属ロボットとなる。

正体は誰にもいえない。

そしてもちろん、主である蓮に恋心を抱くことは絶対に許されないのだが──。

テーマ「秘密」
 

編集部より

連の専属メイドロボットに成りすます仁菜。
お互いを信用できない二人は、お互いの隠す「秘密」を共有して、信用したいと望んだ。
メイドロボットの秘密、そして……主人の秘密を。

人間である仁菜はロボットのふりをしながら、主人である連に恋心を抱いてしまう。
叶うはずのない恋と、謎に包まえれた連の秘密。
真実は、全て結末の中に。


愛してもいいですか? (ネット文庫星の砂)

愛してもいいですか? (ネット文庫星の砂)