電子書籍「ネット文庫星の砂」

「ネット文庫星の砂」、「スターダストノベルス」、「ミーティアノベルス」はAmazon Kindleの電子書籍レーベルです。小説投稿サイトのコンテストを経て受賞に至った作品を電子書籍化し出版しています。当ブログでは新刊情報、お知らせ、特集・イベントなどを更新していきます。

片目だけが君と共鳴している。「僕の瞳に映る君」 - さがちこ

僕の瞳に映る君 - さがちこ

僕の瞳

内容紹介

にこにこちゃん。隣のクラスの女の子。
いつから彼女に見つめられていたのか、僕にはわからない。
自分で言うのもなんだけど、どうやら僕は衆目を集めるタイプの人間だから、誰かの視線を感じることは日常茶飯事。
親しみ。好意。尊敬の念。
好奇心。野次馬根性。あら探し。
そういうものに混じって感じた、困惑。
視線をたどると、いつも彼女がいた。

 
第16回星の砂賞 審査員奨励賞

『僕の瞳に映る君』
あぁ、またあの子に見られている。

あの子に見つめられると、居心地が悪くなる。心がザワザワする。

背中のあたりにジンワリと嫌な汗をかいて、心臓が急にその存在を主張する。

ゆっくり3秒数えてから目を逸らして、周囲に気付かれないように深呼吸をする。

心臓がおとなしくなって心が静まるまで、時間にしたらきっと数十秒。

けれどその数十秒が、永遠にも思えるほど長くて。

僕らしくいられなくなるから、あの子のことは少し苦手。

にこにこちゃん。隣のクラスの女の子。

編集部より

人に造られた人間、「試験管ベビー」で溢れた近未来の中で、「僕」だけは「試験管じゃないベビー」だった。
生まれたときに失った、片目を除いて。
その片目は、「彼女」と「共鳴」する――。

人の手で人が造られる近未来、人間である「僕」と、人間ではない「にこにこちゃん」は、まるで真逆の性格。
物事をずっと冷静に考える「僕」と、感情豊かに一喜一憂する「にこにこちゃん」の、少し変わった、キューンと響く、初恋……?

僕の瞳に映る君 (ネット文庫星の砂)

僕の瞳に映る君 (ネット文庫星の砂)

  • 作者:さがちこ
  • 出版社/メーカー: ネット文庫星の砂
  • 発売日: 2019/12/18
  • メディア: Kindle版

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/



当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。