電子書籍「ネット文庫星の砂」

「ネット文庫星の砂」、「スターダストノベルス」、「ミーティアノベルス」はAmazon Kindleの電子書籍レーベルです。小説投稿サイトのコンテストを経て受賞に至った作品を電子書籍化し出版しています。当ブログでは新刊情報、お知らせ、特集・イベントなどを更新していきます。

「あなたのヒロインになります!~イケメン小説家に恋をしました~」 - 結月美鶴

あなたのヒロインになります!~イケメン小説家に恋をしました~ - 結月美鶴

内容紹介

「この傘、本当に鈴音ちゃんの?」
「へ?」
 彼が黒い傘を見上げる。無地で、骨は太めで存在感があり、取っ手は木製。私が掲げるにはちょっと重たい傘である。
「大きいし可愛くないし、男物じゃない?」
「そうです。今日は私も持ってなかったので、職場で借りました」
「店長さんから?」
「はい」
 正確には店の置き傘らしいけど、同じことだろう。
「二人で入るにはちょうど良かったですね。私の傘だと小さかったと思います」
「別にそれでも良かったけど」
「え?」
 スッと優鷹さんの左手が伸びてきて、私の右手ごと傘を掴んだ。
「最初から僕が持てば良かったね」
 そう言って更に高く掲げる。と同時に、彼の背筋が伸びたような気がした。

  
「ワカサユタカ、いいですよ。オススメです!」ブックカフェで働く鈴音は、自身が推しの小説家に入れ込む読書女子。
 ある日、自分が本棚に並べた一冊を手にした客を見つけ、嬉しくなって声を掛けた。
 彼がとびきりのゆるふわ系イケメンであっても、ワカサユタカのことを熱く語ってしまう。
 スイーツ好きで、本の話で一緒に盛り上がることができ、どうやら小説を書いているらしい。
「あなたが書いた小説を読みたい」と、ときめきながら告げた鈴音に、彼は――?
 
 

編集部より

 ミーティアノベルス完全書き下ろし作品!
 小説家「ワカサユタカ」の大ファンである鈴音は、ブックカフェで働いている。
 自分の推しの小説を手に取ったお客様に、ついつい熱のこもり過ぎたトークをしてしまい反省。
 またお店に現れた彼と交流を深めるうちに、彼の秘密を知ってしまい――
 ぜひお楽しみください!
 

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/



当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。