電子書籍「ネット文庫星の砂」

「ネット文庫星の砂」、「スターダストノベルス」、「ミーティアノベルス」は宇都宮ケーブルテレビの運営する電子書籍レーベルです。インターネット上の人気作品や、オリジナルの書き下ろし作品を電子書籍化し出版しています。当ブログでは新刊情報、お知らせ、特集・イベントなどを更新していきます。

イケメン

「美貌の訳あり女装王子は運命の男装令嬢を逃さない」 - 羽鳥紘

美貌の訳あり女装王子は運命の男装令嬢を逃さない - 羽鳥紘 内容紹介 ヒルデブランド家には一つの秘密があった。跡取りとして育てられた末子にして長男のこの私は、本当は第五女なのであって男ではない。 ヒルデブランドは武家、そして落ち目にある。一向に…

「お転婆ツンデレ令嬢は、拗らせ不器用令息をいつだって尻に敷いている」 - 香月しを

お転婆ツンデレ令嬢は、拗らせ不器用令息をいつだって尻に敷いている - 香月しを 内容紹介 「……私ね、本当はちっとも女の子らしくないの」 「そうなの?」 「お転婆をやらかして、いつもお母様に怒られているのよ」 「ははッ。いったい何をやらかしているの…

「爆死エンドの悪役令嬢に転生したので、シナリオを書き直していいですか?(涙)」 - 永良サチ

爆死エンドの悪役令嬢に転生したので、シナリオを書き直していいですか?(涙) - 永良サチ 内容紹介 『ラブリア』は……多方面からの注目度も高くて、私の作家人生において、さらなる起爆剤になりうる案件だった。神絵師によるキャラデザと人気声優によるフル…

「あなたのヒロインになります!~イケメン小説家に恋をしました~」 - 結月美鶴

あなたのヒロインになります!~イケメン小説家に恋をしました~ - 結月美鶴 内容紹介 「この傘、本当に鈴音ちゃんの?」 「へ?」 彼が黒い傘を見上げる。無地で、骨は太めで存在感があり、取っ手は木製。私が掲げるにはちょっと重たい傘である。 「大きい…

「完璧社長の裏の顔は、危険と誘惑でいっぱいです」 - 清水苺

完璧社長の裏の顔は、危険と誘惑でいっぱいです - 清水苺 内容紹介 「でも、俺は萌ちゃんといると楽しいからさ?」 「……ほんと、意味が分からないっ」 彼みたいなタイプに出会ったのは初めてだから、どう対処すればいいのか分からない。 どんなに罵っても、…

「強引社長は仮の婚約者を甘くほだして逃がさない」 - 花木きな

強引社長は仮の婚約者を甘くほだして逃がさない - 花木きな 内容紹介 社長 は三十二歳で独身だと梓から聞いている。これは女性社員が黙っていないだろう。 疲れ目にきくツボを押してから眼鏡をかけると、社長がこちらに向きを変えて歩いてくる。私たち 三課…

「花束よりも君が欲しい」 - 永良サチ

花束よりも君が欲しい - 永良サチ 内容紹介 ミケ先輩は猫みたいな人だった。 自由気ままでつねにマイペース。甘え上手でありながら、目を離すとべつの場所に行ってしまう。なんにも興味がないように見えても自分のテリトリーだけはしっかりと守っていた。 私…

「このイケメン、××につき」 - 結月美鶴

このイケメン、××につき - 結月美鶴 内容紹介 「カケルくんはめちゃくちゃ格好いいんですよ」 「だから?」 「イケメンは正義なんです!」 勢い豪語したその瞬間、初めて隣の男と目が合った。 こちらを睨む、ややつり上がった目つきの悪さが逆に美しい。呆れ…

「契約結婚した生意気後輩に外堀を埋められてます!」 - きたみまゆ

契約結婚した生意気後輩に外堀を埋められてます! - きたみまゆ 内容紹介 「なにが『そういうわけだから』ですか。なにも解決してないでしょう」 冷ややかな口調で言われ、ぐっと唇を噛む。たしかに問題はなにひとつ解決していない。 「だけど、柏木くんには…

「密愛包囲網~強引御曹司に外堀から埋められてます~」 - 紅カオル

密愛包囲網~強引御曹司に外堀から埋められてます~ - 紅カオル 内容紹介 まだ完全に乾ききっていない髪はボサボサ。マスクから漏れる息で曇ったメガネは、不格好にずり落ちた。 (まさかこんな状態を海藤さんに見られるなんて……!) ユリが激しく動揺するの…

「エリート御曹司と秘密の恋愛~副社長の偽装恋人はじめました~」 - 花音莉亜

エリート御曹司と秘密の恋愛~副社長の偽装恋人はじめました~ - 花音莉亜 内容紹介 「あの、離してください……」 もう少し強気で言えたらいいのに、すっかり怖気づいた私の声は、か細く消え入りそうだった。 「緊張してる? 可愛いじゃん。俺、好みのタイプ…

「片思い中のイケメンドクターと結婚することになりました」 - 神埼たわ

片思い中のイケメンドクターと結婚することになりました - 神埼たわ 内容紹介 「た、助けてください、藤沢先生! 私には叶えたい夢があるのに、両親からお見合いを勧められて」 「夢……?」 「だからまだ、結婚はしたくありません!」 あまりに悲壮な顔で頼ん…

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/



当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。