電子書籍「ネット文庫星の砂」

「ネット文庫星の砂」、「スターダストノベルス」、「ミーティアノベルス」はAmazon Kindleの電子書籍レーベルです。小説投稿サイトのコンテストを経て受賞に至った作品を電子書籍化し出版しています。当ブログでは新刊情報、お知らせ、特集・イベントなどを更新していきます。

「税理士学校に入学しました!」 - ビーツ杏

税理士学校に入学しました! - ビーツ杏 内容紹介 「はっ? ところで君は何で税理士のコースに来ているの?」 それこそ余計なお世話だ。でも、 「資格を取って将来、自立した女性になりたいんです」 真面目な気持ちで通っていることをアピールした。 「それ…

「仕事中毒な魔法公務員は少年勇者に慕われながら今日も残業中」 - 黒湖クロコ

仕事中毒な魔法公務員は少年勇者に慕われながら今日も残業中 - 黒湖クロコ 内容紹介 「私にもくれる?」 「ん」 カーモスが差し出してきたので、口で受け取る。すると、カーモスの顔が赤くなり、わなわなと震えた。 「なっ。ちゃんと手で受け取れよ!」 「ご…

「あなたのヒロインになります!~イケメン小説家に恋をしました~」 - 結月美鶴

あなたのヒロインになります!~イケメン小説家に恋をしました~ - 結月美鶴 内容紹介 「この傘、本当に鈴音ちゃんの?」 「へ?」 彼が黒い傘を見上げる。無地で、骨は太めで存在感があり、取っ手は木製。私が掲げるにはちょっと重たい傘である。 「大きい…

「ペンダント! ~ツイてない私がとびきりの幸せをつかむまで~」 - 守雨

ペンダント! ~ツイてない私がとびきりの幸せをつかむまで~ - 守雨 内容紹介 「お水を貰って来ましたよ。さあ」 「ありがとう、ござい、ます」 老婆はゆっくり上半身を起こすと口の端からツッと水をこぼしながらゴクゴク飲んだ。 「ありがとうございます。…

「ぼっちOLは異世界で獣の王をモフモフする」 - 岬えいみ

ぼっちOLは異世界で獣の王をモフモフする(2) - 岬えいみ 内容紹介 気心の知れた友人もできて、万事が順調――かのようにも見えるが、異世界での生活は穏やかなことばかりではない。むしろ、本来は危険の多い無法地帯。 奴隷として扱われるわ、ゴブリンに攫われ…

「変わり者の将軍は男装姫を娶る」 - 雪野みゆ

変わり者の将軍は男装姫を娶る - 雪野みゆ 内容紹介 通達を出せと命令を下しただけで、李翔は内容を黄彩に伝えたわけではない。 だが、黄彩は李翔の意を察している。 まるで一から十まで李翔の考えを読んでいるようだ。 勘が良く、頭が回るこの少年を李翔は…

「パラレル館へようこそ!~48万円フリーパスで人生やり直します~」 - ゆいろ空

パラレル館へようこそ!~48万円フリーパスで人生やり直します~ - ゆいろ空 内容紹介 「今日お金をおろしましたか?」 いやいや、朝一で電話があって、すぐに駆けつけたんだから、お金をおろす暇などないだろう。 「いいえ」 と答えると、柔道男は一旦うつ…

「女王陛下は醜聞を避けたい 」 - Hk

女王陛下は醜聞を避けたい - Hk 内容紹介 「……ビー、俺のことを嫌いに?」 ずるい。嫌いと答えられないと分かっていて聞いてきているのだ。 ベアトリスは一度目をぎゅっと閉じてから、しっかり開き、苦しい表情の彼をまっすぐ見つめた。 ――思っていることと…

「天才魔道具師は、呪われた娘と夢を見る」 - 坂野真夢

天才魔道具師は、呪われた娘と夢を見る - 坂野真夢 内容紹介 「あの、あなた大丈夫? さっき、苦しくなかった? ……私、人を威圧してしまうの。だからみんな、私が怖いって……。あなたは平気なの?」 「怖い?」 男は近づいてきて、人好きのする表情で微笑んだ…

「おちこぼれ魔女はわけあり王子と忘れじ愛を謳う」 - 和泉あや

おちこぼれ魔女はわけあり王子と忘れじ愛を謳う - 和泉あや 内容紹介 「ここは魔女オリヴィアの庵です」 恐らく青年の目的地であることを告げると「そうか」と短く返した。 「君が運んでくれたのか?」 「はい。引きずってしまったので衣服を汚してしまいま…

「公爵令嬢は、婚姻なんて面倒くさい 」 - 香月しを

公爵令嬢は、婚姻なんて面倒くさい - 香月しを 内容紹介 「お父様、前々から言おうと思っていたのですが……」 「…………なんだ?」 「このまま一生面倒みてもらえませんかね」 「…………」 父の眉間に深い皺が寄った。自分も負けじと眉間に皺を寄せる。いつも小難し…

「悪役令嬢は怪談を嗜みたい」 - 猫屋ちゃき

第2巻 内容紹介 「おい、そんなボサッとしてたら水妖に足引っ張られて川に落ちるぞ」 近くで荷下ろししていた船からそんな声が聞こえてきて、ステイシーの耳は即座に反応した。 (すいよう……スイヨウ……水妖! 河童とかウンディーネみたいな生き物の言い伝え…

「お隣の国家魔導士が召喚してくる!」 - さき

お隣の国家魔導士が召喚してくる! - さき 内容紹介 先ほどまでともに居た店長と夫人の姿はない。 代わりに居るのは、濃紺の地に金の刺繍をされたローブを纏い、フードを目深に被る一人の青年。 彼は光とともに現れたシーラに対し、一歩近づき……。 「おかえ…

「転生!乙女ゲームの悪役魔女は冤罪処刑を回避したい」 - 咲倉未来

転生!乙女ゲームの悪役魔女は冤罪処刑を回避したい - 咲倉未来 内容紹介 乙女ゲーム『World of Love & Magic』の舞台は、十六歳の魔力持ちの少女が魔法学園に入学するところからスタートする。 それより前に、ロゼッタは十歳で王子の専任治療魔法師になった…

「完璧社長の裏の顔は、危険と誘惑でいっぱいです」 - 清水苺

完璧社長の裏の顔は、危険と誘惑でいっぱいです - 清水苺 内容紹介 「でも、俺は萌ちゃんといると楽しいからさ?」 「……ほんと、意味が分からないっ」 彼みたいなタイプに出会ったのは初めてだから、どう対処すればいいのか分からない。 どんなに罵っても、…

「公爵令嬢はジャンクフードが食べたい」 - 菜花村

公爵令嬢はジャンクフードが食べたい - 菜花村 内容紹介 「……あげる……とは、どのような調理法でしょうか?」 ……うん? 「高温の油に食材を入れて、カリッと火が通ったら油から取り出す調理法よ」 「えぇっ!? 油の中に食材を入れちゃうんですか!? そんなこと…

「17の春、ぼくは姫と青い世界に旅立った」 - 森川恩

17の春、ぼくは姫と青い世界に旅立った - 森川恩 内容紹介 「秀重さまあーッ」 後ろから姫が叫んだ。そうか、ぼくの名は秀重というらしい。そして武士なんだ。ここでは、志摩一喜でもなく、高校生でもない。 どこかで落としてしまったが、烏帽子まで被ってい…

「神様、回復魔法を頼んだはずなのにこれ開腹魔法なんですけど!?」 - 榎木ユウ

神様、回復魔法を頼んだはずなのにこれ開腹魔法なんですけど!? - 榎木ユウ 内容紹介 「いいね、いいね! 了解しました。それじゃあ、転生特典としてユニークスキルを付与します! 何がいい? 魔法でも肉体強化でも何でもいいよ! ユニークというだけあって、…

「この度、悪態侯爵の花嫁捜しを仰せつかりました」 - 秋桜ヒロロ

この度、悪態侯爵の花嫁捜しを仰せつかりました - 秋桜ヒロロ 内容紹介 「この際だから言わせてもらいますが、今日のお見合い相手に対する態度! アレはなんですか!」 「アレ?」 「可哀想とか思わなかったんですか!? 言い過ぎたな、とか、反省しなかったん…

「暁帝国後宮騒動記~お憑かれ皇帝、ワケあり宮女を寵妃とす~」 - 時永めぐる

暁帝国後宮騒動記~お憑かれ皇帝、ワケあり宮女を寵妃とす~ - 時永めぐる 内容紹介 精悍な容貌と堂々とした体格が相まって、黙って立っていれば人を畏怖させるほどの威厳を醸し出す清龍だが、残念ながら今は口元に浮かべたニヤニヤ笑いがそれを崩壊させてい…

「成り代わり花嫁の甘やかな憂鬱」 - 未華空央

成り代わり花嫁の甘やかな憂鬱 - 未華空央 内容紹介 「あなたは……」 横から低く落ち着いた声が聞こえ、エミリアをハッとして掴んでいた腕から手を離す。振り向くと黒髪の騎士がエミリアを真っ直ぐ見下ろしていて、エミリアはその綺麗な瞳に心臓が止まったよ…

「強引社長は仮の婚約者を甘くほだして逃がさない」 - 花木きな

強引社長は仮の婚約者を甘くほだして逃がさない - 花木きな 内容紹介 社長 は三十二歳で独身だと梓から聞いている。これは女性社員が黙っていないだろう。 疲れ目にきくツボを押してから眼鏡をかけると、社長がこちらに向きを変えて歩いてくる。私たち 三課…

「不登校な僕の趣味はエゴサとヒーロー活動」 - 小川龍之助

不登校な僕の趣味はエゴサとヒーロー活動 - 小川龍之助 内容紹介 「あの、あなたはいったい……?」 「名乗るほどのものではないさ。ただ、そうだな……人は俺をこう呼ぶ。『謎のヒーロー・X』と!」 高らかに叫びながらポーズを決める。慣れているのだろう。動…

「困っていた憧れの大魔術師様に追い打ちをかけたら、予期せぬ溺愛に翻弄されています」 - 三沢ケイ

困っていた憧れの大魔術師様に追い打ちをかけたら、予期せぬ溺愛に翻弄されています - 三沢ケイ 内容紹介 頭を下げたままちらりとクラウス師長の様子を窺うと、ちょうど目線の高さが同じになったこともあり、ぱっちりと目が合う。〝堪忍袋の緒が切れる〟とい…

クラスメイトに殺された時、僕の復讐は大体達成された - 姫崎しう

第3巻 内容紹介 僕の語りを聞かされている間、門番のエルフの男性は困った顔をしていた。どことなく彼から親しみを感じるのは、僕たちがエルフに見えるからだろうか? 「とにかく国境がある森で道に迷ったんだな?」 「面目ないです」 「それは構わない。む…

「平成生まれの僕、昭和の営業マンに転生する」 - 上高地 嶺

平成生まれの僕、昭和の営業マンに転生する - 上高地 嶺 内容紹介 会社に着くと何か違和感を覚えた。机やキャビネットの配置が違う。 ここは本当に僕が勤めている会社か? 外に出て看板を確認すると、松岡フーズと書いてある。え、でも九州支店だって? 壁に…

「花束よりも君が欲しい」 - 永良サチ

花束よりも君が欲しい - 永良サチ 内容紹介 ミケ先輩は猫みたいな人だった。 自由気ままでつねにマイペース。甘え上手でありながら、目を離すとべつの場所に行ってしまう。なんにも興味がないように見えても自分のテリトリーだけはしっかりと守っていた。 私…

「このイケメン、××につき」 - 結月美鶴

このイケメン、××につき - 結月美鶴 内容紹介 「カケルくんはめちゃくちゃ格好いいんですよ」 「だから?」 「イケメンは正義なんです!」 勢い豪語したその瞬間、初めて隣の男と目が合った。 こちらを睨む、ややつり上がった目つきの悪さが逆に美しい。呆れ…

「王宮侍女シルディーヌの受難」 - 涼川凛

王宮侍女シルディーヌの受難 - 涼川凛 内容紹介 「ほう……留守中、この俺の部屋に忍びこむとはいい度胸だ」 背後から地の底から響くような低い声が聞こえてきて、シルディーヌの体が一瞬で縮みあがった。 あまりにも恐ろしくて、振り向くこともできやしない。…

「東櫻大学新聞部の事件簿!?」 - 竹田有友己

東櫻大学新聞部の事件簿!? - 竹田有友己 内容紹介 「こんにちは」 恐る恐る二〇七教室を覗くと、新聞を配っていた富田アキさんが一人で、サンドイッチを頬張っていた。 「あ! やっぱり来てくれたのね」 パンからはみ出たレタスを無理やり口に押し込み、彼女…

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/



当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。