電子書籍「ネット文庫星の砂」

「ネット文庫星の砂」、「スターダストノベルス」はAmazon Kindleの電子書籍レーベルです。小説投稿サイトのコンテストを経て受賞に至った作品を電子書籍化し出版しています。当ブログでは新刊情報、お知らせ、特集・イベントなどを更新していきます。

朔雲みう

魔法の箱には夢がいっぱい!「ユキオと魔法の箱」 - 朔雲 みう

ユキオと魔法の箱 - 朔雲 みう 内容紹介 「お父さん、これなぁに?」お父さんの手のひらに乗せられたきれいな箱を見て、ユキオは聞いた。「これはね、魔法の箱だよ」 「魔法の箱?」 「そう、魔法の箱」 第7回星の砂賞審査員特別賞受賞作品 魔法の箱には、何…

悪さばかりのキツネゴンに、気弱なコン太は化け勝負を挑む!!「化け勝負」 - 朔雲 みう

化け勝負 - 朔雲 みう 化け勝負 内容紹介 大きな森の大きな木の下で、キツネのコン太は泣いていました。いつもはピンと立っているふさふさの耳も、今はだらんと悲しそうにたれています。泣きじゃくるコン太を、友達のキツ助が心配そうに見つめています。何と…

好きじゃないピアノで出会った少女との物語「夏色の調べ」 - 朔雲 みう

夏色の調べ - 朔雲 みう 夏色の調べ 内容紹介 ピアノの練習を終えた夏彦がふと窓際に目をやると、窓台の上に一輪の花が置かれていた。 このちょっとした出来事は、夏彦の鬱屈した気持ちを和らげてくれて――『この想いが、彼女に届きますように……』 ――夏の庭で…

森の中で出逢ったのは、鬼の少年――「隠夜の鬼」 - 朔雲みう

隠夜の鬼 - 朔雲みう 内容紹介 「それなら、とっておきの話があるよ」 「えっ、なになに!?」 卓から身を乗り出すようにして訊くと、祖母はにやりと笑い、つくったような低い声音で言った。 「鬼が出るんじゃ――」 第8回星の砂賞 優秀賞受賞作品 夏休み―― 田舎…

不思議な少女が紡ぐ、サスペンス・ホラーファンタジー「たまゆらの少女~見つめる影~」 - 朔雲みう

たまゆらの少女~見つめる影~ - 朔雲みう 内容紹介 眼下に巣食う夜の街は、背後の夜空が霞んで見えるほど光に満ち溢れている。 「この光の数より、もっとたくさん人間はいるのね」 ふふっと微笑み、少女は踊るように鉄柵を渡った。 艶やかな黒髪が夜風に舞…

少女と死神の、切なくも温かいピュア・ラヴ・ストーリー「春の陽だまりに、死神は舞い降りて」 - 朔雲みう

春の陽だまりに、死神は舞い降りて - 朔雲みう 内容紹介 目を引いたのは、彼の右手に握られた大きな鎌だった。少年の背丈ほどもある長い柄の先には大きな刃物が留められ、鋭利な弧を描いている。 少年は無言で沙絵を見つめると、沈黙を破るように落胆の溜息…